東基連 - 公益社団法人 東京労働基準協会連合会

厚生労働省委託 外国人労働者安全管理支援事業

外国人在留支援センター 安全衛生班

       ★新着情報★
       2022年07月01日:メール相談、オンライン相談、訪問支援の申込フォームを更新しました。
       2022年06月19日:安全衛生班リーフレット〔新〕を掲載しました。
       2022年05月20日:外国人労働者安全衛生管理の手引き〔新〕を掲載しました。
       2022年04月12日:令和4年(2022年)度も引き続き安全衛生班を開設しています。
       2020年10月30日:英語サイト及び中国語サイトを設けました。上方右側のボタンで切り替わります。

安全衛生班

 外国人労働者については、作業に応じた一般的な労働災害防止対策に加え、当該外国人労働者がその内容を確実に理解できる方法による安全衛生教育の実施が求められています。
 一方で、外国人労働者を雇用する事業者に対し、外国人労働者の安全衛生管理に係る相談体制を確保する等により、事業者による安全衛生管理を支援し、外国人労働者の労働災害を防止することが必要です。
 そこで、外国人労働者の安全衛生管理に関する相談対応を行う安全衛生班を外国人在留支援センター内に開設しています。
 安全衛生班では、外国人労働者や雇用する事業者のみなさまの安全衛生管理に関する疑問や困りごとにお応えします。
 どうぞご利用ください。費用は無料です。

相談日時
   平日 午前9時~午後5時
     ※土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く
相談方法
    電話によるご相談
        電話番号 フリーダイヤル 0120-816703[直通]
        電話番号 ナビダイヤル  0570-011000
                        [言語を選択後、2.2の順に選択]
    来所によるご相談
      所在地  東京都新宿区四谷一丁目6番1号 四谷タワー13階 外国人在留支援センター
           東京労働局外国人特別相談・支援室内
          
      アクセス
      ・JR中央線・総武線 四ツ谷駅 徒歩1分
      ・東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷駅 徒歩3分
      ・東京メトロ南北線  四ツ谷駅 徒歩1分

      来所によるご相談は、あらかじめ電話で予約してください。
        ◆通訳者(英語又は中国語)を配置しています

    メールによるご相談
      

    オンラインによるご相談
      

相談事例
 ●外国人労働者向け安全衛生教育用の資料・教材を紹介してほしい。
 ●外国人労働者に対する技能講習を実施している教習機関を教えてほしい。
 ●外国人労働者の労働災害が発生したときの手続きを確認したい。

 安全衛生の専門家が事業場を訪問して、外国人労働者に対する安全衛生管理、安全衛生教育、労働災害防止のための指示等の状況、問題点をチェックして改善方法についてアドバイスします。
 ご利用お待ちしております。

   訪問支援も費用は無料です。

 
氏 名
 
資 格
得意分野等
大神 あゆみ
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
保健師
メンタルヘルス、仕事と治療の両立支援、
分散事業場の産業保健体制の確立支援、
健康診断に関する助言・指導
栗原 秀次
労働安全コンサルタント(化学)
安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)構築、
リスクアセスメントおよび安全衛生全般の指導・教育
後藤 博俊
労働衛生コンサルタント(労働衛生工学)
労働災害防止対策に関わる診断・評価、作業環境改善指導、安全衛生教育、労働安全衛生マネジメントシステム構築の支援(リスクアセスメントを含む)、等。
国際機関の勤務経験を生かした外国人労働問題にも精通。
小林 繁男
労働安全コンサルタント(化学)
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
労働安全・労働衛生一般の診断
労働安全衛生法令の遵守状況チェック
労働安全衛生教育全般
陸運業・小売業の安全衛生管理
澤 律子
労働衛生コンサルタント(保健衛生)、
衛生工学衛生管理者
心理相談員
労働安全衛生管理体制構築、
健康経営、職場の健康づくり
鈴木 信生
労働安全コンサルタント(化学)
労働衛生コンサルタント(労働衛生工学)
安全衛生診断及び改善指導、安全衛生教育、
リスクアセスメント、化学物質管理、局所排気設備、
快適職場づくり、メンタルヘルス
髙橋 明彦
労働安全コンサルタント(化学)
労働衛生コンサルタント(衛生工学)
事業所の安全・衛生管理体制の構築支援、職場の診断・改善等の指導
田中 通洋
労働安全コンサルタント(化学)
労働衛生コンサルタント(労働衛生工学)
ミドリ安全(株)シニアテクニカルアドバイザー
専門分野に留まらず、幅広く安全衛生管理の指導業務(健康管理、建設現場の安全管理を除く)に携わっている
中島 次登
労働安全コンサルタント(機械)
製造業(プレス事業所等)の安全診断、労働災害の要因分析、リスクアセスメントの研修・演習指導及び特別教育、技能教育等の安全教育
中村 健一
(ISOセイファテクノ有限会社 代表取締役)
労働安全コンサルタント(電気)
技術士(電気電子部門)
中小企業診断士(鉱工業部門)
危険物取扱者(乙種4類)
情報処理技術者
電気通信主任技術者(線路、伝送交換)
QMS審査員、EMS審査員
労働安全衛生診断・指導・教育訓練・講演、労働安全衛生マネジメントシステムの構築、リスクアセスメント教育・演習、電気取扱業務における特別教育(高圧・特別高圧等)・指導、職長教育・指導、
対象業種:製造業、建設業、サービス業、廃棄物処理業等
藤間 政雄
労働安全コンサルタント(土木)
特定社会保険労務士
中小企業診断士
職場の安全衛生指導・教育、労働関係法令解説(労働基準法・労働安全衛生法)、人事労務管理指導、労働・社会保険手続 などについて実務経験に基づく幅広い相談対応ができます。
山室 栄三
労働衛生コンサルタント(労働衛生工学)
安全衛生全般・教育・診断、リスクアセスメント、
作業環境改善、メンタルヘルス、化学物質管理、
受動喫煙防止対策、VDT

その他、労働基準監督署長OBとして次の者も対応しております。 古賀睦之 駒場修一 杉浦純 中島義彦 中山 篤 横川峰一

【安全衛生教育に活用できる外国語教材の情報】
 ●外国語安全衛生テキスト(中央労働災害防止協会)
 ●外国人労働者の安全衛生対策に活用できる教材(厚生労働省)
 ●外国人労働者向け安全衛生教育教材を労働災害防止にご活用ください(厚生労働省)
 ●外国人労働者向け安全衛生視聴覚教材(職場のあんぜんサイト)
 ●低層住宅建築工事における非言語視聴覚教材(職場のあんぜんサイト)
 ●外国人建設就労者のための安全衛生教育教材のご案内(建設業労働災害防止協会)
 ●安全衛生対策マニュアル(外国人技能実習機構)
 ●健康で安全な技能実習・研修の実施のためのガイドほか
  [ガイドブック・パンフレット 無料教材](公益財団法人国際人材協力機構)


【外国語対応ができる教習機関の情報】
 ●外国人が受講できる「教習機関リスト」(公益財団法人国際人材協力機構)
  メニュー[技能実習生の技能講習・特別教育受講] をクリックしてページ下部へ
  最新の講習会情報はコチラ
 ●外国語対応登録教習機関一覧(各都道府県労働局)

【外国人労働者の健康確保に関する情報】
 ●外国人労働者に対する健康診断問診票(特定健康診査問診含む)
  [安全衛生関係リーフレット⇒労働衛生 をクリック⇒スクロールして 教材・資料・その他]
  (厚生労働省)

 ●入国前結核スクリーニングの実施について(厚生労働省)
 ●ストレスチェック制度 外国語版の調査票等(厚生労働省)
 ●新型コロナウイルス感染症関連情報[多言語](出入国在留管理庁)
 ●職場の新型コロナウイルス感染症対策
  外国人労働者の皆さんにも「正しく伝わっていますか?」(厚生労働省)

 ●外国語版 熱中症予防対策リーフレット (東京労働局)

【外国語で受診できる医療機関の情報】
 ●外国人患者を受け入れる医療機関の情報(日本政府観光局)
 ●外国人医療に関する情報まとめ(東京都医師会)
 ●東京都医療機関案内サービスひまわり〔対応できる外国語で探す〕(東京都福祉保健局)
 ●外国人向け多言語説明資料 一覧 (厚生労働省)

【外国人労働者が理解できる安全衛生教育、安全標識等に関する情報】
 ●「見える」安全活動コンクール[フリーワード例「外国人労働者」で検索](職場のあんぜんサイト)
 ●建災防統一安全標識のご案内(建設業労働災害防止協会)
 ●外国人労働者に対する安全衛生教育には、適切な配慮をお願いします。(厚生労働省)

【コミュニケーションの円滑化に関する情報】
 ●在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン(出入国在留管理庁)
 ●生活・就労ガイドブック(出入国在留管理庁)
 ●各国における取り組み(独立行政法人国際協力機構)
 ●外国人社員と働く職場の労務管理に使えるポイント・例文集/雇用管理に役立つ多言語用語集
  (厚生労働省)


【外国人労働者の労働災害発生時の手続きに関する情報】
 ●外国人労働者向け労災保険給付パンフレット(厚生労働省)
 ●外国人労働者が労働災害に遭った場合の労働者死傷病報告の「国籍・在留資格」欄の書き方(厚生労働省)

【外国人労働者の労働災害事例に関する情報】
  ●労働災害事例 [キーワード例「外国人労働者」で検索](職場のあんぜんサイト)

【その他の情報】
 ●令和2年外国人労働者の労働災害発生状況(厚生労働省)
 ●日本の安全衛生関係法令(英語)(中央労働災害防止協会)
 ●外国人の雇用 雇用する上でのルール(厚生労働省)
 ●外国人雇用対策(厚生労働省)
 ●農作業安全対策(農林水産省)
 ●外国人労働者向けハラスメント対策ページ(あかるい職場応援団)

リンク集

 外国人労働者については、日本語に未習熟であることによるコミュニケーション不足、技能が未熟練であることなどが外国人労働者を雇用するうえでの課題とされていますが、コミュニケーションがうまく図れない要因は、外国人労働者が日本語に未習熟であることにとどまらず、むしろ雇用する側に日本語が未習熟な外国人労働者へのアプローチの仕方、文化の違いに対する理解が不足していることとともに、未熟練な外国人労働者に対する教育手法・体制が未整備であることも一因となっていると考えられます。
 本書では、こうした課題を念頭に、地方自治体をはじめとする各種団体の調査などから外国人労働者の置かれた現状を掘り下げ、外国人労働者に係る労働災害防止の手掛かりを探りました。
 既に外国人労働者を雇用している事業場の方々はもとより、今後採用を検討している事業者の皆様をはじめ、外国人労働者の安全衛生に関わる多くの方々の参考になれば幸いです。
                                       「はじめに」から抜粋

ダウンロードはこちらから
 全体版(7.9MB)
 分割版
   表紙・はじめに・目次(1.9MB)
   序章〔在留資格と就労〕(2.0MB)
   第1章〔労働災害の発生状況と発生要因の分析〕(2.7MB)
   第2章〔安全衛生管理とコミュニケーション〕(1.6MB)
   第3章〔安全衛生教育〕(1.3MB)
   第4章〔就業制限業務〕(1.2MB)
   第5章〔日常的な安全衛生活動〕(1.7MB)
   第6章〔健康管理〕(2.5MB)
   第7章〔作業管理〕(1.3MB)
   第8章〔伝達すべき情報〕(1.4MB)
   第9章〔事例紹介〕(2.0MB)
   巻末資料(2.8MB)
   有識者検討会委員・あとがき(1.0MB)
 概要版(3.7MB)


 

 リーフレットダウンロード用

  
施設の内観・外観
  
先頭へ戻る