床上操作式クレーン運転技能講習のご案内  ~東京労働局長登録 安第207号(登録満了日:平成31年3月30日)~

公益社団法人東京労働基準協会連合会で開催している「床上操作式クレーン運転技能講習」をお申込み頂く際に、以下の内容をご確認のうえお申込みください。

床上操作式クレーン運転技能講習のご案内(日程)
 床上操作式クレーン運転技能講習とは
床上操作式クレーンとは床上で運転し、かつ、当該運転をする者が荷の移動とともに移動する方式のクレーンです。
労働安全衛生法により、クレーン・デリック運転士免許又は床上操作式クレーン運転技能講習修了の資格がなければ、つり上げ荷重が5トン以上の床上操作式クレーンの運転の業務に従事することができません。(労働安全衛生法第61条、同施行令第20条第6号、同別表第18第26号、労働安全衛生規則第41条、同別表第3)
 受講資格
A区分:未経験者
B区分:玉掛け技能講習修了者、小型移動式クレーン運転技能講習修了者(つり上げ荷重・5トン未満)、移動式クレーン・デリック・揚貨装置運転免許者
 カリキュラム
学科講習(2日間)
講習内容 講習時間
床上操作式クレーンに関する知識 6時間
関係法令 1時間
床上操作式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 3時間
原動機及び電気に関する知識 3時間
修了試験 1時間
実技講習(1日間 ※実技日程はお申し込み後、受講票でお知らせします。)
床上操作式クレーンの運転のための合図 1時間
床上操作式クレーンの運転 6時間
修了試験
1時間 ※実技修了試験の時間はあくまでも目安です。
 修了証
公益社団法人東京労働基準協会連合会で開催している床上操作式クレーン運転技能講習の修了試験に合格すると、原則として当日修了証(写真入りプラスチックカード)を交付いたします。

修了証カード 床上操作式クレーン

床上操作式クレーン運転技能講習のご案内(日程)